JEMP日本語講習スタート


5月16日より、JEMPトレーニングセンターにて、JEMPから送り出す第一期技能実習生への日本語講習をスタートしました。
今回は日本語を学ぶのは初めての方が多いので、ひらがな・カタカナから始めます。

この技能実習生コースでは、朝10時から夕方4時までの一日5時間で、約6か月間の講習を行います。
この期間で実習生には、日本語能力N4の取得を目指してもらいます。

JEMPでは、日本での実習中に実習生が現場の方々と円滑にコミュニケーションを取り、多くの知識・技術や日本の文化・習慣を学んでもらえるように、会話力を重視した講習を行います。
そのため、ペアワークも取り入れ、実際にその言葉・単語がどのような場面で使われるのかを理解してもらえるように授業を進めます。

生徒たちはとても熱心に勉強しているので、教える側も気合が入ります。
彼らの日本語学習への意欲が、より一層強まるように授業内容も工夫していきます。